CloudCrossing Logo
CloudCrossing Japan合同会社

お客様事例

株式会社ハウテレビジョン 様

“PDF Butlerへのマイグレーションで、業務効率化・情報の一元化を実現!”

株式会社ハウテレビジョン_サムネイル画像
株式会社ハウテレビジョン

・事業内容
 プラットフォーム運営事業
・URL
 https://howtelevision.co.jp/

事業概要

知見共有プラットフォーム
新卒採用プラットフォーム
中途採用プラットフォーム

ご利用製品:Salesforceドキュメント自動生成ソリューション 「PDF Butler

  • 自社のビジネスモデルに適したレイアウトでSalesforceから帳票出力できなかった。
  • DX化を推進したが、帳票関連のワークフローだけSalesforceに移行できずExcelを用いていた。
  • 複数のシステムを扱う必要があり、情報・業務が一元化されていなかった。
arrow
  • 自由度の高いフォーマットが定義できたため、自社のビジネスモデルに適した帳票が生成できるようになった。
  • システムコストの削減に加えて、業務効率を30%程度削減できた。
  • 関連業務・データをSalesforceに集約できたことで、一元的に管理できるようになった。

“様々なサービスを試したが思ったように帳票が生成できず...そんな中、PDF Butlerを導入したことで、自社のビジネスモデルに適した帳票が生成できるようになりました”

株式会社ハウテレビジョン
マーケティング部マネージャー 武藤 洸平 様

プラットフォーム運営事業を中心に展開する株式会社ハウテレビジョンは、2023年初頭からSalesforceを導入しており、SFAとしてBtoB領域を中心に商談や契約の管理に利用していた。Salesforceを導入する以前は契約や売上の管理をExcelで行っていたが、DXを推進するにあたってSalesforceを導入した背景がある。

ただ、見積書等の帳票・ドキュメントに関しては、自社のビジネスモデルに適したレイアウトでSalesforceから帳票出力できず、帳票発行に関連する領域は従来のExcelを用いたワークフローのままであった。

同社マーケティング部マネージャーの武藤氏は当時の状況について次のように振り返っていた。
「弊社が扱う商品の形態がSaaSモデルではないため、一般的な帳票レイアウトに合わせることが難しくソリューション検討が難航した。いくつかのクラウドサービスの帳票発行機能も導入検討しましたが、レイアウトのカスタマイズができず、自社のビジネスモデルを当てはめることができなかったことと、Salesforceとのデータ連携対応が必要で、最終的には実ビジネスでの利用に至らなかった。」とのことである。

見積書の生成フロー

前章の課題と、Salesforceの最大限の活用を前提にSalesforce AppExchangeの活用を模索する中でPDF Butlerの存在を知り、導入を決定したという。

ハウテレビジョン武藤氏は選定理由について以下のように語っていた。
「PDF Butlerは大きく2つのポイントで選定しました。一つは、価格面が非常にリーズナブルで、スモールスタートができそうだと感じたこと。もう一点は自由度が高いこと。導入前の課題としても話したように、ユニークなビジネスモデルに対応できる帳票ツールは少なく、自由にカスタマイズしたフォーマットを定義して、それをもとにドキュメント・帳票を出力できる点が魅力的だった。」

PDF Butlerを導入したことで、コスト面と業務効率において大きな効果があったようだ。
武藤氏いわく「コスト面では以前帳票出力に利用していたクラウドサービスの利用料と差し引いて、コスト削減ができた。業務効率についても、業務効率が30%近く改善されているだろう。」とのことである。

さらにコスト削減・業務効率化だけでなく、情報の集約・一元化にも良い影響を与えたと語っていた。
「PDF Butlerを導入する前はExcelで整理したデータをクラウドサービスに投入して見積書等の発行を行っていたため、複数のソフトウェア・Webサービスにアクセスして操作する必要があったが、Salesforceに集約できたことで担当者が積極的にSalesforceにアクセスするようになり、データの集約・一元化も実現できた。」

見積書サンプル

武藤氏は今後の展望として「現在は見積や契約関連の領域で利活用しているので、今後は営業の提案資料や過去実績を参照するための資料等でも積極的にPDF Butlerを活用していきたい。」と語っていた。

さらに将来の構想として、「長期的な構想としては、全ての業務システムをシームレスにしたい。Salesforce・会計システム・電子署名システムといった複数のシステム連携を排除し、すべてを一元的に管理できるようにしたい。」と語っており、電子署名ソリューションのSIGN Butler の導入も見据えた構想を掲げてくれた。

導入製品

PDF Butler

SalesforceのデータからPDF・Word・Excel・Power Pointドキュメントを自動生成できるアプリケーション

お問い合わせ

PDF Butler 製品に関するお問い合わせやオンライン・デモのご要望は、以下のWebフォームよりお気軽にご連絡ください。

CloudCrossing BVBA. & CloudCrossing Japan合同会社 © 2023 All Rights Reserved.